ニュースなんでもサマリー

最近のニュース、話題、情報を2chからまとめたサイトです。



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/19(火) 08:58:50 ID:7BoYxV999.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    女優の橋本環奈(20歳)が11月18日、自身のTwitterを更新し、「携帯壊れた、、、データ全部飛んだ、、、」と落ち込んでいる。

    橋本はこの日、「携帯壊れた、、、データ全部飛んだ、、、ずーん。。笑 皆さん私に送っても既読つきません。。TwitterとインスタはレジェMG端末で入れてます」とツイート。

    そして「写真がー。。。。沢山あったのに。」と、想い出の数々も逝ってしまったと、悲しんでいる。

    これにファンからは「それは落ち込む」「全部消えちゃったらショックだよね……」「想像しただけで怖い」などの声のほか、「バックアップしてないの??」
    「だからLINEの既読つかないのか!」「既読ならないから心配したよ~」「そっか、返事来なかったのはそういう理由だからだったんだね!」
    「オレとの2ショットも消えちゃったのかぁ」「また一緒に想い出作ろう!」など“便乗”コメントも多数寄せられている

    https://news.livedoor.com/article/detail/17400455/
    2019年11月18日 23時10分 ナリナリドットコム

    http://スマホ壁紙無料.com/wp-content/uploads/2016/07/hasimotokanna-76-i.jpg


    【【芸能】橋本環奈ショック、携帯壊れ「データ全部飛んだ、、、」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/18(月) 17:27:17.74 ID:XpOR40Ut9.net

    「ばっちり球見えてるね! かっとばせー、瀧さん!」

    11月中旬、声援を送る人々の視線の先にいるのはピエール瀧(52)だ。今年3月にコカイン摂取による*取締法違反で、瀧が逮捕されてから8カ月。6月に懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決を受けて以降は人前から姿を消していたが、この日、彼は都内にある軟式野球場にいた。自身が率いる草野球チーム「ピエール学園」の試合に出場した瀧。チームメートの応援の甲斐もあって、1打席目で二塁打を放つなど生き生きとした姿を見せていた。

    「ピエールさんは、地元の静岡で小学校から高校までずっと野球に打ち込んでいました。甲子園球場の土を踏みたくて、高校卒業後には阪神タイガースの入団テストを受けたほど。チーム名は高校野球の名門校『PL学園』をもじったもので、お笑い芸人のマキタスポーツさん(49)らとよく試合をしているそうです」(レコード会社関係者)

    試合終了後に相手チームに延長戦を要求するなど、のびのびと“休日”を満喫する瀧。しかし、逮捕によって降板したドラマやCMなどの違約金は一部では5億円とも報道されていた。果たして、生活は大丈夫なのだろうか……。

    「ドラマやテレビ番組は軒並み降板しましたが、瀧さんが出演した多くの映画は出演シーンをカットすることなく上映されました。さらに、動画配信サービス・Netflixで放映され、大ヒットした『全裸監督』にも瀧さんは出演。海外資本ということもあり、破格のギャラを手にしたそうです。なので生活には困っておらず、1億5千万円と言われる豪邸もまだ手放していません。愛車である高級英国車に乗って、よく草野球の試合に来ているといいます」(テレビ局関係者)

    さらに、最近では音楽活動にも意欲を見せているという。

    「10月に瀧さんは、電気グルーヴの相方・石野卓球さん(51)と2人でドイツ旅行に行っています。自分たちの原点である海外バンドのライブを見て、『早く再始動したい!』と2人で話し合っていたと聞いています」(前出・レコード会社関係者)

    近況を聞くべく、試合終了後の瀧に声をかけた。最初はにこやかだったが、記者が名乗った瞬間に表情が一変! 顔をゆがめ、何も答えることなく愛車に乗り込み、その場を去っていった。充実の休日を経て、表舞台で再び“ホームラン”を放てる日はもう少し先になりそうだ――。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17398834/
    2019年11月18日 17時7分 女性自身


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】ピエール瀧 高級外車で草野球満喫…逮捕8カ月の悠々自適生活】の続きを読む



    1 すらいむ ★ :2019/11/19(火) 15:53:35.15

    京大病院で薬剤の濃度を誤って投与、入院患者が死亡 本来の6.7倍

     京都大医学部付属病院(京都市左京区)は19日、腎機能障害のある心不全の男性入院患者に、注射薬の炭酸水素ナトリウムを処方する際、誤って本来投与すべき薬剤の6・7倍の濃度の同一成分製剤を投与した結果、6日後に死亡したと発表した。

     京大病院によると、患者は成人男性。炭酸水素ナトリウムは、造影剤を用いたコンピューター断層撮影(CT)の検査を行う際、腎機能への副作用を軽減させるために処方する。
     本来は濃度1・26%の炭酸水素ナトリウム注射液を投与すべきだったが、成分は同じながら、商品名の異なる濃度8・4%の製剤を誤投与してしまったという。

     患者は、炭酸水素ナトリウムの点滴開始直後から血管の痛みや顔面のほてり、首のしびれといった症状があり、「医師を呼んでほしい」と訴えたが、看護師や医師は造影剤によるアレルギー反応の有無に気を取られ、誤った処方に気づかないまま投与を継続したという。

     その後、患者は心停止となり、蘇生処置で心拍は再開したものの、心臓マッサージに伴う胸骨の圧迫が要因とみられる肺からの出血が止まらなくなった。
     止血術などの対応を取ったが、患者の内服薬に抗凝固薬が含まれていることに気づくのが遅れたこともあり、出血を止められず死亡させてしまったという。

     宮本享病院長は「京大病院の治療で良くなることを望んでおられた患者さんご本人、そしてご家族には、薬剤の誤った処方による死亡という、期待を裏切るような結果となったことは誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げる。関係者だけでなく、病院職員の一人一人が自分たちのこととして受け止め、再発防止に努めていく」とのコメントを出した。

    京都新聞 11/19(火) 15:06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00178531-kyt-soci


    【【医療】薬剤の濃度を誤って投与、入院患者が死亡 本来の6.7倍 京大病院 】の続きを読む



    1 1号 ★ :2019/11/19(火) 08:28:56.27

    小泉進次郎環境相は18日、神奈川県横須賀市で行われた「神奈川政経懇話会」で講演し、「日本は水道水をおいしく飲める、世界でも数少ない国」とした上で、日本の水道水を再評価すべきとの認識を示した。

    プラスチックごみ削減の一環で、ペットボトルの削減の必要性も叫ばれる中、水道水をマイボトルに入れて飲む習慣がつけば「自然と、ミネラルウオーターのペットボトルは減るのではないか」との持論を示した。

    進今年9月の国連気候行動サミット出席の際に開いた会見で、気候変動問題への取り組みを「セクシーに」と発言して波紋を広げたが、「みんなが(環境運動家の)グレタ(トゥーンベリ)さんのように、徹底することはできない。どうすれば長続きして取り組むことができるか」との考えがあったと主張。「単純にペットボトルをやめようと言っても、不満や、がまんばかりでは長続きしない」として、水道水のコストの安さに触れ「家計にやさしい気候変動なら、印象が変わるでしょ」と呼びかけた。

    将来、銀座や渋谷、原宿などに観光地になる水飲み場をつくるプランも披露。「日本人がマイボトルに水道水を入れて持ち歩くと、(海外にも)日本は水の国だな、日本の水はおいしいなと思ってもらえる。水道水にいくのが本質的だと思う」と訴えた。

    11/18(月) 21:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-11181063-nksports-soci

    (出典 i.imgur.com)


    ★1が立った時間 2019/11/18(月) 23:30:11.88
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574092607/


    【#小泉進次郎環境相 「日本人がマイボトルに水道水を入れて持ち歩くと、海外にも日本の水はおいしいなと思ってもらえる」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/17(日) 02:11:38 ID:6W7dAzsH9.net

    女優の田中律子(48)が15日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。前夫との“仮面夫婦”生活の実態や離婚理由などを赤裸々に語った。

    田中は1997年、カメラマン男性との結婚&妊娠を発表。2012年に離婚し15年の結婚生活に終止符を打ったが、「結婚2年目には無理かなって、(夫が)浮気してくれた方がいいのにな」と思っていたという。
    自宅での会話も「大体、敬語」だったといい、「(娘の)行事は全部(夫と)一緒に学校に行ったし、離婚で一番驚いたのは学校の先生とか周りのご父兄。『あんなに仲良かったのに』って言われて」と振り返った。

    夫婦生活に溝が入るきっかけとなったのは、自身の出産だった。「結婚した時26歳で、27歳で(娘を)産むんですけど。不安だったので、立ち会ってもらったんですよ。
    無理やり。立ち会ったらその後から『ちょっともう無理って』なった」と語った。出産を機に男女の関係もなくなったそうで、「1回もないんですよ、出産の後。27歳で私はもう老夫婦になるのかなって…」とぶっちゃけた。

    “仮面夫婦”としての生活は13年間に及んだが、娘からの一言で離婚を決意。「小学校6年生かな。『もう離婚していいよ』って言われたときに、いやーって思って。
    子供は分かっている。親がいくら仲良しのふりをしてたりとか、隠そうとしても」としみじみ話した。

    現在は沖縄県に移住して生活している。坂上忍(52)から「ボーイフレンドはいないの?」と尋ねられると、「ボーイフレンドはもちろんいますよ」と即答した。
    再婚の意思については、「する気はないです。一回離婚したら名前が変わるのは女子じゃないですか。
    結婚した時はウキウキしながら銀行の名前、パスポート、免許証全部変える。離婚した時の(再度名字を)変えるときのもう、あのわずらわしさ、あのわずらわしさをまた…」と説明していた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17390781/
    2019年11月16日 19時8分 スポニチアネックス


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】田中律子 13年に及んだ仮面夫婦生活「結婚2年目には無理かなって…」 娘の言葉で離婚決意】の続きを読む

    このページのトップヘ